2010年05月27日

第2回AKB48選抜総選挙速報結果の注目点

さて、

昨日、

AKB48劇場にて、

第2回AKB48選抜総選挙の、

速報が発表されました。

御覧のとおりです。

1位:前田敦子  6846(チームA:昨年1位)
2位:大島優子  6317(チームK:昨年2位)
3位:渡辺麻友  4072(チームB:昨年4位)
4位:板野友美  3802(チームK:昨年7位)
5位:篠田麻里子 3765(チームA:昨年3位)
6位:高橋みなみ 3319(チームA:昨年5位)
7位:柏木由紀  2985(チームB:昨年9位)
8位:松井玲奈  2673(SKE48チームS:昨年29位)
9位:宮澤佐江  2616(チームK:昨年14位)
10位:小嶋陽菜  2506(チームA:昨年6位)
11位:高城亜樹  2252(チームA:昨年23位)
12位:小野恵令奈 1558(チームK:昨年11位)
13位:河西智美 1422(チームB:昨年10位)
14位:北原里英 1379(チームB:昨年13位)
15位:峯岸みなみ 1345(チームK:昨年16位)
16位:佐藤亜美菜 1275(チームB:昨年8位)
17位:指原莉乃 1224(チームA:昨年27位)
18位:松井珠理奈 1199(SKE48チームS:昨年19位)
19位:仲川遥香 977(チームA:昨年圏外)
20位:宮崎美穂 961(チームB:昨年18位)
21位:多田愛佳 718(チームA:昨年20位)※同票数
21位:秋元才加 718(チームK:昨年12位)※同票数
23位:倉持明日香 704(チームA:昨年21位)
24位:増田有華 653(チームB:昨年25位)
25位:平嶋夏海 602(チームB:昨年26位)
26位:小森美果 487(チームB:昨年圏外)
27位:菊地あやか 357(チームK:昨年圏外)
28位:仁藤萌乃 355(チームK:昨年圏外)
29位:藤江れいな 352(チームK:昨年圏外)
30位:佐藤すみれ 344(チームB:昨年圏外)
31位:石田安奈 338(SKE48チームKII:昨年圏外)
32位:大矢真那 301(SKE48チームS:昨年圏外)
33位:矢神久美 291(SKE48チームS:昨年圏外)
34位:石田晴香 285(チームB:昨年圏外)
35位:梅田彩佳 276(チームK:昨年圏外)
36位:片山陽加 259(チームA:昨年28位)
37位:山内鈴蘭 249(研究生:初登場)
38位:高柳明音 231(SKE48チームKII:昨年圏外)
39位:大場美奈 214(研究生:初登場)
40位:米沢瑠美 208(チームK:昨年22位)

ナタリーさんの記事を参考にさせていただきました。

ありがとうございます。

では、

初心者でもわかる解説をしていきましょう。

1つめの注目点は、

1位の前田と、

2位の大島の票数が、

約500票しか空いてないということです。

これだけの差では、

まだ1位がこの時点では、

確定していないように思えます。

前田が差を広げるのか、

大島が逆転するのか、

大きな注目ポイントです。

2つめは、

SKE48のチームS、

松井玲奈が8位に登場していることです。

前回は、

29位と、

ギリギリでアンダーガールズに選ばれました。

今回は、

前回19位の同じチームS、

松井珠理奈よりも上位で好発進。

ドラマでの、

印象的な演技で、

知名度を上げた結果といえます。

3つめに、

前回圏外だったチームAの仲川遥香が、

19位に登場している点です。

オリコンウィークリーチャート1位を獲得した、

渡り廊下走り隊で活躍している彼女は、

今回のシングルでも、

シアターガールズの中心メンバーとして、

活躍しています。

このままランクを落とさずに、

選抜メンバー入りを果たしてほしいです。

最後に、

26位以降は、

前回圏外だったメンバーや、

今回初参戦となるメンバーが、

続々と入ってきている点です。

上位のメンバーは、

露出が高く、

比較的堅いメンバー構成になりそうですが、

アンダーガールズは、

秋元先生の予想を、

大幅に上回るメンバー構成になりそうです。

ただ、

投票期間は、

まだ2週間近くあります。

大幅な順位変更もあると思います。

幕張メッセでの握手会も、

投票期間に3回もあります。

白熱の選挙戦、

ここからどう変動するのか、

注目したいですね。







あ、

倉持明日香を引き続き、

よろしくお願いいたします(笑)
posted by TORU&MABO at 16:25| Comment(0) | MABOの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

デイリーチャート1位!!


ポニーテールとシュシュ(TypeA)(DVD付)

ポニーテールとシュシュ(TypeA)(DVD付)

  • アーティスト: AKB48,秋元康,生田真心,井上ヨシマサ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD



ついにリリースされた、

『ポニシュ』ですが、

初日35.4万枚を売り上げ、

オリコンシングルデイリーチャート、

1位になりましたexclamation×2

やったー!!

てか、

今のJ-POP界、

1日で35万枚を売るのは、

嵐とAKB48ぐらいしかいません。

ただ、

AKB48の場合は、

35万枚のうち、

大半が、

個別握手券つきの劇場盤の売り上げです。

しかし、

一般流通盤も、

売り切れが相次いでいて、

並みのアーティストよりは、

売り上げています。

流通盤を買った方はぜひ、

倉持明日香にご投票をお願いいたします(笑)
posted by TORU&MABO at 21:40| Comment(0) | MABOの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

『ポニシュ』シングルレビュー

MABOですっ♪

さて、

『ポニーテールとシュシュ』、

買ってきました!!

and

劇場盤届きました!!
Image3301.jpg
ここでは、

各楽曲のレビューをお送りしたいと思います(^_^)/



M1 「ポニーテールとシュシュ」

夏らしいアイドルポップスを作曲したのは、

嵐などJ-POP界を牽引するアーティストに楽曲提供、

そして、

自身もシンガーソングライターとして活躍する多田慎也。

渡り廊下走り隊や公演楽曲などには、

曲を提供していましたが、

今回、

AKB48本体のシングルとして初提供。

さわやかな楽曲を多田さんに書かせたら、

右に出るものはいません。

MABO、

無類の多田メロディ好きで、

多田さんのファーストアルバム、

『Tokyo Calling』も持っております。

ポニシュが、

多田さんの作曲と知った時、

一喜一憂してしまいました。

来月16日には、

セカンドアルバムも出るみたいなので、

良かったら聞いてみてください。

少し話が反れましたが、

サウンドは、

多田さんと同じ事務所である、

生田真心によるもの。

最初のピアノを聞くだけでは、

切ない曲かと思いきや、

多田メロディを踏襲した、

すばらしくさわやかな曲になっています。

また、

名曲「ロマンス、イラネ」に匹敵するほど、

音がクリアです。

最低限の音で、

さわやかさを演出しています。

ちなみに、

生田真心さんは、

2人組らしいですよ。

予備知識でした(笑)



M2 「盗まれた唇」

さて、

こちらは選抜組をひいた、

残りのメンバーの上位16人の、

アンダーガールズが歌っている、

シングルでお馴染みの、

井上ヨシマサ楽曲です。

こちらは、

メロだけを聞いていると、

ポニシュを彷彿させるさわやかな曲かと思いきや、

サビで転調します。

そこがミソなのでしょう。

転調は、

ヨシマサ楽曲の特徴です。

もう一つ特徴を挙げると、

サウンドに、

シンセサイザーがかなり入っていることです。

80年代の楽曲を再現しているのでしょう。

そのような音を重ねすぎていて、

個々の音が全然聞こえてきません。

ポニシュのアレンジと真逆です。

そこのあたり、

少し煮詰める必要があるのではないでしょうか。

…とMABOは思います。



M3 「僕のYELL」

この曲は、

研究生を含めた、

残りのメンバー全員で歌っています。

こちらも、

多田さんと同じ事務所、

フジノタカフミ作曲の応援ソングになっています。

フジノさんは、

渡り廊下楽曲でお馴染みですね。

しかも、

またこれも生田真心アレンジ。

きれいなサウンドで、

聞いていて安心します。

歌詞・メロディ・サウンドは、

言うことなしでしょう。

ただ一つ言わせてほしいのは、

この曲は、

秋元先生からの、

干されメンバーに対してのYELLの曲です。

全員が干されメンとは言いませんが、

こういう風に捉えられるメンバーが、

何人いるでしょうか。

僕は、

今回の曲の中では、

ポニシュの次に好きですよ。



M4 「マジジョテッペンブルース」

この曲は、

話すでもなく、

ドラマの延長線上の曲です。

AKB楽曲ではお馴染みの、

市川裕一楽曲です。

ただ、

サビはあるんですが、

メロは、

ほぼセリフで、

曲という感じがしません。

でも、

ちゃんとして曲にすれば、

良い曲になったんじゃないかなぁという、

メロディだしサウンドです。

惜しいですね、はい。



ここまでレビューしてきましたが、

MABO独自の目線です。

意見等々、

お待ちしておりますので、

コメント欄でお願いします!!
posted by TORU&MABO at 23:32| Comment(0) | MABOの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

今週末は…

MABOです(^O^)

久しぶりの更新になってしまいました(・_・;)

いろいろゴタゴタしてまして(笑)

さて、

近況のアイドル活動といたしまして、

チームA公演を見に行ったりしてました(^−^)

はっきり言っちゃいますが、

もう消化試合的になってますね(゜-゜)

1年以上続けてますから、

そうなるのも無理ありませんが(-_-;)

明日はチームB初日!!

そぅ、

外れました(T_T)

しかし、

今週末はサイン会です\(◎o◎)/!
Image3241.jpg
以上のメンバーに参戦します!!

行く方、

一緒に楽しみましょう(^^♪
posted by TORU&MABO at 17:45| Comment(0) | MABOの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

『セットリストベスト10』MABOの候補20曲!!

さて、

どんどん、

延び延びになっている、

『危ない2人が選ぶ2010年AKB48リクエストアワーセットリストベスト10〜少なっ!!〜』

なんですが、

MABOが選出した、

候補20曲を発表しておきます。

TORUくんには、

負けない選曲になってると思います。

絶対勝つぞ!!!??


・スカート、ひらり
・僕の太陽
・ロマンス、イラネ
・大声ダイヤモンド
・10年桜
・言い訳Maybe
・飛べないアゲハチョウ
・君のことが好きだから
・青空のそばにいて
・ウィンブルドンへ連れて行って
・小池
・涙売りの少女
・転がる石になれ
・片思いの卒業式
・RUN RUN RUN
・ハートが風邪をひいた夜
・純情主義
・偉い人になりたくない
・16人姉妹のうた
・回遊魚のキャパシティ


TORUくんも、

20曲挙げてもらってますので、

合計40曲から、

ベスト10を決めていきます。

お楽しみに!!
posted by TORU&MABO at 00:55| Comment(0) | MABOの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。